ネオジム磁石 耐熱性

ネオジム磁石 耐熱性

ネオジム磁石は熱によって磁力が弱まるという特性があり、
目安として、80度以下での温度環境でご使用頂くのが一般的です。           (熱減磁の解説はこちら
モーターなどの熱が加わる用途によっては、
80度以上の温度環境でネオジム磁石が使用される場合があります。
そこで、ジスプロシウム、テルビウムの添加量を増やし保磁力を上げると、
80度以上でも使用する事ができ、最大で約200度まで使用可能になるのです。

弊社のNEOFLUXシリーズは5種類の材質グレードをご用意しています。
NEOFLUXシリーズを例に使用可能温度の目安は次の様になります。

これらはあくまでも目安となり、実際の磁石の寸法により耐熱温度は変わってきますので、
ご注意下さい。
詳しくはこちら(形状の違い)で解説しています。

本日の原材料価格 【5-20

2022/05/20
[元/kg]
  • プラセオネオジ(Pr-Nd)
    1127.5
    ジスプロシウム(Dy)
    3375
    テルビウム(Tb)
    18350
    プラセオネオジ(Pr-Nd)
  • 原材料価格について
    前日比 テルビウム(Tb)-0.5% となっています。
    各種お問い合わせ
    閉じる

    お問合せとお見積り