アルニコ磁石のご案内

鉄(Fe)、アルミニウム(Al)、ニッケル(Ni)、コバルト(Co)を基本成分としていて、もろく、展延性がないので原料金属を高温溶解・合金化した後、鋳型に鋳込んで製造するために、鋳造磁石とも呼ばれています。

高いBr値、高い温度安定性を有し、低温減磁、熱減磁が起こり難く、機械強度も高い等の長所があります。しかし、保磁力Hcjが小さいために、外部磁界による減磁が起き易く、また薄物製品には不向きである等の制限もあります。設計上、形状、磁気特性を十分考慮した着磁方法や減磁に注意した組立て方法を選ぶことが肝要です。

 特性データ(材質特性データ)

※以下の製品データは参考例です

材質名

残留磁束密度

Br)

保磁力(Hcb)  最大エネルギー積((BH)max 密度
KGs T kOe kA/m MGOe kJ/m3 g/cm3
鋳造
アルニコ5 12.0 1.20 0.60 48 4.63 36.9 7.3
アルニコ6 10.0 1.00 0.72 56 3.50 27.9 7.3
アルニコ8 8.0 0.80 1.38 110 4.75 37.8 7.3
焼結              
アルニコ5 10.5 1.05 0.58 46 3.50 27.9 7.0
アルニコ8 7.8 1.34 107 3.90 3.90 31.0 7.0

 製造プロセス

  • 1. 配 合
  • 2. 溶 解
  • 3. 鋳 造
  • 4. 粗加工
  • 5. 熱処理
  • 6. 仕上加工
  • 7. 着 磁
お問合せ・御見積りはこちらから

本日の原材料価格 【6-30

2022/06/29
[元/kg]
  • プラセオネオジ(Pr-Nd)
    1140
    ジスプロシウム(Dy)
    3235
    テルビウム(Tb)
    17950
    プラセオネオジ(Pr-Nd)
  • 原材料価格について
    前日比 テルビウム(Tb)-0.6% となっています。
    各種お問い合わせ
    閉じる

    お問合せとお見積り