相模化学金属の特長

相模化学金属は、中国で製造したマグネットの

Q(品質)を保ち、D(デリバリー)

期日を守るため、工場の出荷から顧客の手元に届くまでの全てをしっかりと見届けることを職務と考えます。

少数精鋭で高効率を実現し、少量多品種から量産品まで短納期で対応致します。

SC炉(スプリットキャスト製法)、超急速冷却による高性能磁石を製作

  • 1991年中国北京へ希土類磁石の生産、製作会社を中国科学院北京三環新材料高技術公司と合弁で設立
  • 2013年 独資企業(相模化学金属100%出資)となり、社名を北京相模金属有限公司とした。
  • 日本主導の生産、製造、品質管理により高品質製品を提供。
  • 日本人スタッフが常駐し、日本メーカーならではの品質
  • 少量多品種から量産品まで短納期で対応
  • 中国工場製作によるコストパフォーマンスの実現
  • 販売拠点を日本と中国に持ち、各国への細かなサービスに対応
  • 希土類生産量が全世界で90%以上を占める中国で原材料調達から磁石完成品までの一貫した生産体制
  • 日本で50年間つちかった加工技術、ノウハウを中国工場へ水平展開
  • 主要生産設備及び各種分析器、検査設備は日本製を使用し、信頼性の高い製品を供給
  • 日本本社はISO9001認証、中国工場はISO9001認証、ISO14001認証、中国清潔生産(クリーン生産)認証を取得済み
  • 環境保全が持続可能な社会と豊かな循環型社会の実現に貢献することを目標