ネオジム磁石

ネオジム磁石

鉄、ネオジム、ボロンを主成分とした希土類焼結磁石(異方性)です。溶解・粉砕等を経てミクロン単位の粒径にそろえた粉を磁場プレスで圧縮成型(磁場中成型)した後に、焼結して磁石母材(直方体や円柱)を製造します。次に磁石母材を丸、角、リング、瓦形状などの寸法に機械加工し、更に表面処理(通常ニッケルメッキ)をして製品にします。製品は、着磁の工程を経て納入します(お客様の仕様によっては無着磁で納入)。永久磁石の中で最も強い磁力を持つ磁石で、最大エネルギー積は、50MGOe(メガガウスエルステッド)に達するものもあります。また温度環境、使用用途により、一般的なNシリーズからHシリーズ、SHシリーズ、UHシリーズ、EHシリーズと段階的に保磁力を高めたシリーズがあり、最適なグレードの選択ができます。高特性であることを活化し、機器の小型化、効率化を進めるためのキーパーツとしてますます用途が広がっています。弊社の磁石はFA/産業機器分野の各種モーター、センサー、家電機器、OA機器、AV機器、通信機器、医療機器などに使用されています。

 ネオジ磁石の主な特徴

a)最大エネルギー積(BH) max)はフェライトの4.5MGOeやサマコバ磁石の30MGOeをはるかにしのぎ、48MGOeを超えるものもあります。
b)主原料に比較的安価なネオジムと鉄を用いている為、コバルトを多く含んでいるサマコバ磁石に比してコストパフォーマンスに勝れ、供給面での心配もありません。
c)温度特性がサマコバ磁石に比して劣るという弱点もありますが、NF-Hシリーズ、NF-SHシリーズ、NF-UHシリーズとより保磁力を高めた耐熱性の材質が開発されてます。
d)主成分の内70%近くが鉄ということで、防錆のためNi電解メッキを標準仕様としています。

 注意点

高温減磁については磁石のHcj温度特性をご注意ください。このため、NFシリーズではお客さまの為に、各種Hcjの異なる材質をご用意させていただいています。材質が同じであってもその形状により減磁特性は異なります。
材質的に錆び易いため、表面処理が必要になります。

 表面処理について

弊社表面処理は電解Niメッキを標準としていますが、その他金メッキ、エポキシ塗装、フッ素樹脂塗装などマグネットユーザーの用途に合わせた仕様での納入が可能です。

ネオジ磁石の表面処理については ←こちらをご覧ください。

 特性データ(材質特性データ)

※以下の製品データは参考例です

 減磁曲線グラフ

 磁石物理特性

※使用温度について
Cylinder L/D=0.7(Pc≒2)の場合ですので、L/D値が低い(厚みが薄い)場合は別途考慮が必要となります。

 製造プロセス

1. 各原料を配合します。
2. 配合された原料を高温で溶解し、合金を作成します。
3. 合金を微粉末にします。
4. 微粉末をプレスする際、磁界を加え磁化方向を揃えた成形粉末品を作ります。
5. 約1100℃で焼結後、約600℃で熱処理し、磁気特性を高めます。
6. 製作された磁石母材を加工し、製品形状に仕上げます。
7. 防錆のため、表面処理を行います。
8. 磁界を与え、磁力を持った磁石となります。

 標準寸法

※ **:測定誤差が大きい為、値なし
※ 表面磁束密度、吸着力のデータは参考値です。

※ 表面磁束密度、吸着力のデータは参考値です。

※ 表面磁束密度のデータは参考値です。